キャネットチップ にゃねっとクラブ|ペットライン株式会社

TOPICS

アートな猫がいっぱい!猫ミュージアムに行こう

2016年05月02日 投稿

猫好きさんにおすすめ。一度は行ってみたい猫の美術館を紹介します。

館内にも庭にも猫たちがいる松山庭園美術館(千葉県)

松山庭園美術館(千葉県)
松山庭園美術館(千葉県)
出典:松山庭園美術館
松山庭園美術館の外観
松山庭園美術館は、田園の中の小高い丘の上にある、瀟洒な美術館です。 この美術館は芸術家・此木三紅大のアトリエを公開したもので、氏が参考資料とした 数々の名画コレクション、茶道具などを中心に展示しております。

松山庭園美術館

美術館の庭にも館内にも自由に歩き回る猫たちの姿が!ここは、千葉県匝瑳(そうさ)市にある松山庭園美術館。芸術家の此木三紅大(このきみくお)さんの個人美術館で、絵画や茶道具などを展示する他、企画展示も行っています。

松山庭園美術館(千葉県)
出典:松山庭園美術館
美術館にいる猫たちは、保護された猫だそうです。
松山庭園美術館(千葉県)

展覧会の中でも人気を集めているのが、毎年開催される「猫ねこ展覧会」です。第13回目となる2016年は4月15日(金)〜6月26日(日)に開催。全国の猫好き作家170名の作品を展示する他、期間限定で作家さん手づくりの猫グッズも販売されるそうです。

松山庭園美術館(千葉県)
出典:松山庭園美術館
期間中はさまざまな体験教室も開催されます。

松山美術館

墨絵の猫にほっこり。中浜稔猫美術館(淡路島)

中浜稔猫美術館(淡路島)
中浜稔猫美術館(淡路島)
出典:淡路島観光ガイド・あわじナビ
淡路市立中浜稔猫美術館の外観
この美術館は、猫墨絵の第一人者・中浜稔画伯(淡路市出身)が描き出した作品を一堂に展示する、世界ではじめての猫・ねこ・ネコの美術館です。

淡路島観光ガイド・あわじナビ

淡路市立中浜稔美術館は、猫の墨絵画家、中浜稔さんの作品を集めた美術館。中浜さんは1979年に、猫を通して自然と人間を考える会「にゃん友会」を設立し、会長に就任。ニャンニャンフェスティバルなど多くのイベント、シンポジウムも開催しています。

淡路市立中浜稔猫美術館
猫の墨絵 中浜稔
出典:猫の墨絵 中浜稔公式サイト
中浜さんの作品。(猫の墨絵 中浜稔公式サイトより)

淡路市立中浜稔猫美術館

世界でココだけ!猫の総合博物館 伊豆高原ねこの博物館(静岡県)

貴重な野生ネコ展示から、ネコちゃんとふれあい体験まで。世界に唯一!ねこの総合博物館

伊豆高原ねこの博物館

静岡県観光 my 旅しずおか
出典:静岡県観光 my 旅しずおか
いろいろな猫人形を展示。ポースや衣装にも注目を。

猫とふれあいながら楽しく科学することを目的として設立された伊豆高原ねこの博物館。ユニークな博物館としても話題を集めています。
館内には猫のキャラクター人形などを展示する「ねこの美術館」、野生ネコ科動物のトラやライオンの剥製や骨格標本が見られる「野生ネコの世界」、本物の猫と遊べる「ふれあいコーナー」があります。

静岡県観光 my 旅しずおか
出典:静岡県観光 my 旅しずおか
入口にいる猫ちゃん。何とも言えない存在感が…。
静岡県観光 my 旅しずおか
出典:静岡県観光 my 旅しずおか
迫力ある野生ネコ科動物の剥製。
静岡県観光 my 旅しずおか
出典:静岡県観光 my 旅しずおか
他ではなかなか出会えないようなユニークな“猫”も。
伊豆高原ねこの博物館

大好評の「猫まみれ展」2016年は三重県立美術館で開催

猫まみれ展

島根県や秋田県、兵庫県の美術館で開催された「猫まみれ展」。ご存じの人も多いのではないでしょうか。
これは、猫と美術を愛するコレクター、招き猫亭が集めた猫にまつわるアート作品を展示するもの。これまでに開催された美術館には多くの猫好きさんが訪れています。
2016年は三重県立美術館にて開催(4月23日(土)〜6月26日(日))。浮世絵からモダンアートまで多彩な猫作品を楽しむことができますよ。
また、ねこグッズを身に付けて来場すると観覧料が100円割引になる「ねこ割」もあります。

三重県立美術館
出典:三重県立美術館
高橋弘明《ジャパニーズ・ボブテイル》 
1924年
三重県立美術館
出典:三重県立美術館
歌川国芳《猫の百面相》
1840年代
神戸新聞NEXT
出典:神戸新聞NEXT
神戸ゆかりの美術館で開催された時の様子(撮影・笠原次郎)。3体の猫の彫刻は、籔内佐斗司さんの作品です。
三重県立美術館 | twitter

三重県立美術館

ぜひ遊びに行きたいにゃ!