キャネットチップ にゃねっとクラブ|ペットライン株式会社

TOPICS

にゃん度でも行きたい!「猫」の寺社

2016年01月02日 投稿

猫にゆかりのある寺社をご紹介しましょう!大好きなにゃんこに関わるスポットだから、何度でも行ってみたくなりますね。

猫の保護、里親探しを行う福井県「御誕生寺」

福井県越前市の「御誕生寺」は通称「猫寺」として有名。このお寺は修行寺で、住職や修行僧、猫好きの檀家さんたちによって猫の保護、飼育、里親探しなどが行われているそうです。猫のための募金箱があったり、愛猫のための御祈祷札などのグッズもあります。

出典:御誕生寺 | Facebook
愛猫のための御祈祷札
出典:御誕生寺 | Facebook
猫と住職さんのほほえましい姿。そして、後ろの障子にも猫が!

猫返し神社とも呼ばれる「阿豆佐味天神社・立川水天宮」

猫返し神社(命名者:ジャズピアニスト 山下洋輔さん)と称され、愛猫の無事や健康を祈りに多くの方がいらっしゃいます。境内社の蚕影神社(こかげじんじゃ)がその社で、蚕の天敵がねずみで猫を守り神にしています。蚕影神社にお参りし絵馬に願いを書いたら「無事に帰ってきた」という報告も寄せられています。
また、境内には「ただいま猫」の石像があります。やさしく撫でて下さい。

阿豆佐味天神社・立川水天宮

東京都立川市にある「阿豆佐味天神社・立川水天宮」は別名「猫返し神社」。命名したのは世界的なジャズ・ピアニストであり、愛猫家としても有名な山下洋輔さん。いなくなった飼い猫を探していた山下さんが、偶然通りかかったこの神社の前で「無事に帰ってきますように」と願掛けしたところ、猫が戻ったそうです。
また、境内社には猫を守り神にする「蚕影神社」があり、これも猫が帰ってくると言われる理由になっているとか。最近では、猫の無事をお祈りする人だけでなく、愛猫の健康を祈願する人も多いそうです。

「島の宝100景」にも選ばれた田代島の「猫神社」

その昔、田代島では猫の行動で漁の良し悪しを判断していたと言われており、島には猫が祀られた『猫神社』があります。  
その『猫神社』は、平成21年4月、国土交通省『島の宝100景』に選定されました。

仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会公式サイト

住民よりも猫が多く住んでいるといわれる宮城県の離島、田代島。この島にある「猫神社」には、猫の絵が描かれた石や招き猫が置いてあります。猫が多い島なので、神社に向かう途中もたくさんの猫たちと出会えるとか。まさに猫好きの聖地です。

国の重要文化財!熊本県「生善院(猫寺)」

無実の罪で殺されたわが子を思い、母は愛猫・玉垂(たまだれ)に怨みを言い含め、わが子の後を追って死ぬ。以後、猫の怨霊が現れ次々と奇怪なことが起きた。その霊を静めるために建立されたのが、この寺の謂われです。

熊本県観光サイト なごみ紀行

 
出典:くまとっぷ

猫の怨霊が出てくるエピソードを持つ、熊本県の猫寺「生善寺」。ここは、観音堂と厨子が国指定の重要文化財です。史跡もチェックしておきたいところですが、猫好きさんに注目してほしいのが「こま猫」!お寺の門の両脇にあり、どことなく不思議な雰囲気を醸し出していて、目が釘付けです。

招き猫がいっぱいにゃ!「豪徳寺」

豪徳寺の招き猫をもう一度よく見てほしい。お気づきだろうか? 左手に小判がないのである。これは、金銭への執着を軽蔑する武家ゆかりの招き猫であるからとのこと。

マイナビニュース

出典:マイナビニュース
奉納用の招き猫も販売されている

東京都世田谷区にある「豪徳寺」は、井伊直弼のお墓があるお寺としても有名です。観音様を祀る招福堂の脇にある奉納所には、1000体を超える招き猫がズラリ。

ボクも行きたいにゃ!