キャネットチップ にゃねっとクラブ|ペットライン株式会社

TOPICS

思わずプププッな猫まんが本

2015年12月22日 投稿

猫が出てくるまんが本はいろいろありますが、今回は笑える作品、シュールなまんがをセレクトしました。

ネットで話題の猫まんがが書籍に「鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!」

出典:角川書店 KADOKAWA ニュースリリース
「鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!」
出版社:株式会社KADOKAWA
著者:鴻池剛
ツイッター上で今いちばん熱い視線をあびる猫漫画がついに書籍化! 書籍化にあたって、WEBにはないぽんたを飼い始めた頃のエピソードを多数描きおろし!!
自由きままな猫のぽんたと振り回されっぱなしの作者・剛が日夜、繰り広げる狂騒劇!!

角川書店 KADOKAWA ニュースリリース

もともとは漫画家の鴻池 剛さんがブログ「ウッドブック」やツイッターで発表していた作品を書籍化したもの。書籍化にあたって描き下ろし作品も収録されています。
何気ない猫との日常で「ああ、わかる、わかる」と共感するエピソードなのに、「そうきたか」という独自の視点で描かれていて思わず笑ってしまう…。
電車の中などで読むときは気をつけて。無意識のうちにニヤニヤしている可能性大です!

ホラータッチだけど笑える!不気味なのにかわいい!「伊藤潤二の猫日記 よん&むー」

出典:講談社コミックプラス
「伊藤潤二の猫日記 よん&むー」
出版社:講談社
著者:伊藤潤二
ホラー漫画家・伊藤潤二のお笑い猫マンガ! 笑いと恐怖は紙一重、愛猫のコワかわいさにおののいちゃってください!! 実話エッセイコミックなのにギャグ漫画。こんな強烈な猫マンガ、他じゃ見あたらんよ。伊藤潤二ファン、必読の1冊ですヨ~。

講談社コミックプラス

日本のホラー漫画家を代表する一人、伊藤潤二さんの猫まんがです。
ストーリーは婚約者のA子さんの希望によって2匹の猫を飼うことになった漫画家の日常。猫にメロメロになっている人の目が血走っていたり、猫の表情も不気味なホラータッチだったり、とにかく絵がいちいちおどろおどろしい…。でも、内容はとってもキュート!そのギャップが面白くてクセになります。

猫がヒトの言葉を話し、おかゆをつくる「おかゆネコ」

出典:コミック小学館ブックス
「おかゆネコ」
出版社:小学館ブックス
著者:吉田戦車
ひとり暮らしの青年サラリーマン・菊川八郎。 彼のもとへある日突然やってきたのは、 なぜか人語を解するネコ。その名もツブ! 都会生活により、生活習慣や食生活の乱れた ご主人のため、ツブは日々、賄う。”おかゆ”を! 猫舌だけれども!!! これが戦車流【癒やしのグルメ】!!

コミック小学館ブックス

シュールな漫画でおなじみの吉田戦車さんの作品。猫の「ツブ」が飼い主の八郎のために、いろいろなおかゆをつくるまんがです。ヒトの言葉を話し、調理器具を使いこなすツブの姿がかわいい。八郎に味見をしたかを聞かれたツブが、ネコ舌だから味見ができるわけがないと言ったり、爪切りをいやがったり、猫らしい描写もあって、そこもまたツボです。

無職にゃんこたちの風刺がきいた「プ〜ねこ」

出典:講談社コミックプラス
「プ〜ねこ」
出版社:講談社
著者:北道正幸
プーな(定職を持たない)猫たちがユル~く活躍する4コマ猫漫画満載!

講談社コミックプラス

ちょっとシュールで、どこか深いものを感じさせる猫まんが。かわいらしさを描くというよりは風刺が効いています。ハマると何度でも読み返してしまう不思議な味わい。

出典:講談社コミックプラス
「プ〜ねこ(5)」
出版社:講談社
著者:北道正幸

猫まんがを読んでリラックスにゃ!