キャネットチップ にゃねっとクラブ|ペットライン株式会社

TOPICS

注目を集めた!ニュースな猫たち

2015年12月12日 投稿

日本で、世界で、猫たちがニュースになっています。猫たちに関わるトピックスをお届けします。

ラトビア発!猫が銀貨になったにゃん!

バルト3国のラトビアで、猫をあしらった可愛らしい銀貨が発行された。 国民的な人気がある「5匹の猫」という童話をモチーフにしており、5ユーロ(約650円)の額面がついている。

THE HUFFPOST

猫好きなら欲しくなる猫の銀貨が登場!これは、バルト3国のひとつラトビア共和国で発行されました。片面にはベッドに入る猫たち、もう一方の面にはボウルを持った猫たちがあしらわれています。この猫たちはラトビアで愛されている童話をモチーフにしているそう。ピンクや緑、黄色、赤の色使いもキュート!

手紙を届けるにゃん!熊本の伝書にゃんこ

見知らぬネコが家に上がり込み、100歳を超すおばあちゃんになついた。娘が首輪に手紙を結んでみたら、飼い主まで運んだ。飼い主がノートに貼ってためた手紙は、2年半で800通を超す。手紙で結ばれた二つの家は、「伝書ネコ」あるいは「介護ネコ」と呼んでかわいがっている。

朝日新聞デジタル

手紙を届ける伝書バトならぬ伝書ネコの話題です。
熊本県に住む、あるおばあさん家にやってきた一匹の猫。おばあさんになついて、毎日のようにやってくるようになります。おばあさんの娘さんがこの猫の飼い主さんに手紙を書き、猫の首輪に結んだのが、伝書ネコの始まりのようです。
猫が運んできた手紙を見て驚いたのは飼い主さん。返事を書いて猫の首輪に結び、おばあさんのもとに届けました。猫は毎日のように自分のうちとおばあさんのうちを行き来していたので、2軒の手紙のやりとりは続き、800通を超えているそうです。

G20サミット会場ににゃんこが登場?!

2015年11月に行われた「G20サミット」。世界のトップリーダーが集まる会場の警備はとても厳重なものですが、その厳しいセキュリティを破った者がいたのです。それは、3匹のにゃんこたち。最初に2匹が壇上にトコトコと現れ、花に興味を示したりして退場していきました。その後で、一匹が現れます。
この動画を見た世界中の人たちが、3匹にメロメロになったとか。

アメリカで世界初の猫だらけのイベント「CatConla」開催!

参加者たちは猫耳をつけ、セレブ猫との「握手」に列を成し、猫がテーマのアート作品や商品の数々を堪能した。

AFPBB .com

アメリカ・ロサンゼルスでは、猫好きのためのイベント「CatConLa」が開催されました。動画を見てわかるように、会場内は猫耳をつけた猫好きたちでいっぱい!このイベントでは保護された子猫たちの里親探しも行われました。

名画になった猫が話題にゃ!

アメリカのニュースサイトで話題になったのが、画家のスーザン・ハーバートさんの新刊「Cats Galore」。注目を集めた理由は、猫たちの絵。ハーバートさんは、有名な絵画の人物を猫に変えて描いているのです。

ハーバートさんは、猫を名画に登場させるのが大好きなんです。ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」とディエゴ・ベラスケスの「ラス・メニーナス」に登場する人たちも、子猫に変身させてしまいます。

HUFFPOST LIFESTYLE JAPAN

猫の画像で捜査に協力。警察からのお礼はキャットフードの画像にゃ!

出典:AFP

キャットフードの画像を投稿したのは、ベルギー警察の公式ツイッター。
パリで起きた同時テロの影響を受け、ベルギーの首都ブリュッセルでは2015年11月21日から最高レベルの厳戒態勢に。警察はブリュッセルで大規模な対テロ作戦を展開している間、インターネット上で関連情報を投稿しないでほしいという要請を公式に出しました。

するとオランダ放送協会(NOS)のカメラマンであるヒューゴ・ヤンセンさんが「ブリュッセルの警察の活動をつぶやくかわりに、うちのネコ “モーツァルト” の写真」と、飼いネコの画像をツイートしたのだ。

ロケットニュース24

多くの人たちが猫の画像を投稿し始め、ブリュッセル封鎖という意味のハッシュタグ「#BrusselsLockdown」は猫の画像でいっぱいに。
猫の画像を使い、ユーモアを持って協力してくれたユーザーに対して、警察も公式ツイッターにて山盛りのキャットフードの画像を投稿して謝意を表したのです。

来年はどんなニュースがあるかにゃ?