キャネットチップ にゃねっとクラブ|ペットライン株式会社

TOPICS

地名で出会う「猫」たち

2015年09月22日 投稿

熊本、鹿児島、鳥取、群馬といった県名をはじめ、地図を見ていると動物名がつく地名に出会うことがありませんか。地理の名称には「猫」がつく場所もいろいろあるんですよ。

名古屋市のおしゃれエリア「猫洞通」

名古屋市千種区にあるのが、「猫洞(ねこがほら)通」という地名。このエリアはおしゃれなカフェやショップが点在し、憧れの住宅地としても知られています。

「猫洞通」のある名古屋市千種区には「猫ヶ洞池」という池も。桜の名所として有名な平和公園内の池です。

豪商の名前が由来!広島市の「猫屋町」

「猫屋」という地名は、豪商の猫屋九郎右衛門兼鎮(ねこやくろうえもんかねもり)の名前にちなんだもの。現在、市内には本川橋という橋がありますが、猫屋九郎右衛門兼鎮が16世紀末期に私財を投じて架けた橋が始まりと言われています。

石川県にあるバス停「猫の目」

ここ最近、路線バスの旅が話題を呼んでいますが、バス停にも「猫」がつく名前がありました。北鉄能登バスの「猫の目」です。画像の路線図では「千里浜レストハウス」の下、「柳田I.C」の下にありますよ。

台湾でも発見!台北の「猫空」

出典:猫空纜車

台湾には「猫空(マオコン)」というエリアがあります。台北のお茶処として知られ、中国茶を楽しむことができる茶芸館も多く点在しています。写真は猫空ロープウェイの「猫空」駅。